ソムリエ試験での失敗 | フランス/ボルドー・コニャックレストランブログ

ソムリエ試験での失敗

最近褒めて頂くことが多くて嬉しいのだけれど、根本のネガティブは変わらない野田です。

なんやろねー、自信ってどこから湧いてくるのかしら。

と、なんかフランスのソムリエ持ってるのすごいと言ってもらうことが多いので、失敗談でも。

ソムリエ試験については、以前まとめたのでそちらを見てもらうことにして、実技での話です。

いくつかワインの抜栓があって。

泡の抜栓のとき。

自分で言うのもなんやけど、本番に強いほうやから、結構ニコニコやってたと思うのよ。

それでさ、抜栓しようと思ったら………

コルク抜けへん。

なんやねん、なんでやねん、時間すぎてまう、早くせな、でも微動だにせぇへん。

こんなこと考えてたと思う。

ちなみに私の握力は人一倍ない。笑

あぁ、終わった。こんなん無理や、落ちたわ。って思ってたのよ。

そしたら審査員の男性が、ボトル貸してって言ってきたのね。

お渡ししたら、男性審査員も開けられない。笑

硬くてびっくりしてた。

これは無理だね、って言いながら男性審査員が抜栓してくれた。笑

失敗談というより、ボトルのヒキが悪かった話かな。

いや、ヒキが良かったのか?コルクぶっ飛ばすよりはいいよね。

 

今でも、泡の抜栓苦手。

泡大好きやから、よく飲むんやけど、それでも苦手。

そして開ける時、試験のこと毎回思い出す。

そして握力が引くほどないのもどうにかならんもんかねぇ。


その他いろいろやってます
以前行っていたレストランブログ
ワインブログ
Twitter
インスタ:ワイナリー見学
インスタ:レストラン
インスタ:ワインテイスティング
ホームページ:ワイナリー通訳同行

コメント

タイトルとURLをコピーしました