私の見えている世界は普通じゃない。 | フランス/ボルドー・コニャックレストランブログ

私の見えている世界は普通じゃない。

レストランに行けないので、このブログが完全な日記になりつつありますね。

結構思い付きで書いてるから、ボツ記事もめっちゃ多い。

 

タイトル「私の見えている世界は普通じゃない。」って常々思ってる。

そもそも「普通」ってなんじゃらほい、って感じなんやけど。

大学受験の時、現代文の先生が言ってたことを忘れられへん。

人はどうして本を読むのか、人はどうしていろんな経験をしたほうが良いのか、みたいな雑談タイム。

文字にすると凄い哲学的な雑談タイムに見えるな。笑

はっきりした言葉は覚えてないんやけど、

「人は経験したら、その分吹き出しが増えていく。本を読むことは作者の経験を体験することでもあるから、それでも吹き出しが増える。」

みたいな感じやったと思う。

吹き出しって、漫画とかで頭の上に浮かんでる吹き出し。

人に限らずモノにもその吹き出しがあって、人によって吹き出しの数とか、吹き出しの中に書いてある言葉が違う。

例えば双子でおんなじ育て方されても、それぞれの興味は違うし、感じ方も違う。

だから、人によってモノの見方が変わってくるよ、って。

 

例えば同じワインリスト見てても、人によって気になるものは違うし。

私が普通やと思ってることって、隣の人にとっては普通じゃない。

だって私の普通は、私の経験から来てる普通やん?

おんなじな訳ないし、同じであると思うことがエゴ。

だから、私の見ている世界は普通じゃないよねって。

それはきっとこれを読んでくれている人の普通も普通ではない。

 

今までの「普通」が「普通」じゃなくなった2020年。

この先生の言葉を思い出した。


その他いろいろやってます
以前行っていたレストランブログ
ワインブログ
Twitter
インスタ:ワイナリー見学
インスタ:レストラン
インスタ:ワインテイスティング
ホームページ:ワイナリー通訳同行

コメント

タイトルとURLをコピーしました