【日記】ロックダウン中に日本に帰る? | フランス/ボルドー・コニャックレストランブログ

【日記】ロックダウン中に日本に帰る?

日記

このロックダウン中に、日本に帰ろうかと悩んでました。

結果やめたんやけど、いろんな意味でハードル高いなぁって思った。

調べたことを共有しようかと思います。

大使館に電話したり、同時期に帰る予定やった友達と情報共有したり色々。

 

 

自主隔離

まずはご存知の方も多いと思う2週間の自主隔離。

これ何がミソって「自主」隔離ってところよね。

私は実家大阪にあるし、国際線の後に公共交通機関乗ったらあかんって言われても、どういう手段でも帰れるんやけど、地方に住んでる人、直通便が地元の空港にない人は大変やなぁって…。

2週間は「自主」隔離なので、ホテルに泊まる場合も、公共交通機関使われへんから他の手段使った場合も日本からの援助はなし。

私たちの良心の許すままにって感じよね。

でも、これは私にとって別に問題じゃなかったの。

両親が空港まで来てくれるって言ってたし、帰ろうか悩んでた時に友達に相談したら、車で迎えに行ってあげるよーって言ってくれたから。

友達もリモートワーク続いてるから、会社行かんしいいよーって。笑

優しさ。

パリでの乗り換え

大阪着の便を調べてたら、毎日飛んでないのは仕方ないねんけど、金額がどえりゃーことになってた。

どえりゃ―ことになってない大阪便に乗るためには、ボルドーからパリ、パリで1泊、パリから大阪便に乗るしかなくて、パリに1泊できるのかって。

結論、問題なくできそう。

実際泊ってないから何とも言えんけど、パリ市内に入らず空港界隈のホテルに宿泊するならできるとのこと。

ただ、もちろんホテル内のレストランとかは空いてないから全てルームサービスでってことやった。

まぁまぁ、ホテル内での対応は前回帰国時に体験したから、納得。

(前回は春に一時帰国して、フランスがロックダウンした1週間後に帰国)

参考

コロナウイルスによる体験談【その1】
コロナウイルスによる体験談【その2】
コロナウイルスによる体験談【その3】

PCR検査

これはフランスに戻って来た時のこと。

今現在、日本からフランスに入国する人は義務ではないけど、パリでのPCR検査が義務化されるかもって噂が流れてたから聞いてみた。

何せ、ボルドーまで帰るにはパリで乗り換えが必要やからね!

フランスは幸いなことに国際線の後に国内線を乗ることも可能っぽい(今のところ)。

パリでのPCR検査をしなあかんねやったら、乗り換えに何時間くらいあったら大丈夫やろう?って。

回答は「わかりません」とのこと。

うん、そらそうだ。

でも、日本での陰性証明を持ってたら検査なく乗れるから安心ですよって。

ただね、日本でのPCR検査って超!高額!

病院によるけど5万円くらいかかるところも…!

これを聞いた時、愕然としたよね。

それは感染者数増えへんわってさ。

だって自覚症状なかったら無意味に検査受けたくないもん。こんなお金払って。

それでも死者数はフランスと比べ物にならんから、感染者数自体も少ないんやろうけど。

って、話し逸れてしまった。

つまり、フランスでの検査については、現在に至るまで日本は義務化されてないけど、日本で検査した陰性証明書があれば安心ってこと。

 

滞在許可証

これで私は一時帰国を延期した。

滞在許可証が年明けに切れるの。

今のところは帰れる予定やっても、フランス/日本の決まりが変わったり、私がコロナに感染してしまったら、確実に帰れるとは言えないよねって…。

それなら日本に帰らない方が無難やんなって。

大使館の人も、今現在の状況は言えるけど、1か月後のことは断言できませんって。

そうなんよねぇ。

この曖昧な感じ、誰にもどうなるかわからんから、帰るのやめた。

こんなに日本に帰ってないの久しぶりすぎて、もう色々耐えられなくなってるから、滞在許可証の更新が終わったらすぐ帰るよ!

すぐに!笑

 

最後に

私は1週間強くらいかけて友達と調べて情報共有してたんやけど、毎日の様に情報が変わる…!

確実なことって何もなかった。

今現在フランスの感染者数は無事に減少傾向で、ワクチンができるかもって感じやし、このまま落ち着くことを願うのみ…!

テレビ見てたらビタミンDが良いってことで、ビタミンDを含む食材を調べたんやけど、私毎日の生活で結構なビタミンD摂ってた。


その他いろいろやってます
以前行っていたレストランブログ
ワインブログ
インスタ:ワイナリー見学
インスタ:レストラン
インスタ:ワインテイスティング
ホームページ:ワイナリー通訳同行

コメント

タイトルとURLをコピーしました