サンテステフのホテルレストランへ、La Maison d’Estournel | フランス/ボルドー・コニャックレストランブログ

サンテステフのホテルレストランへ、La Maison d’Estournel

フレンチ

2019年8月、シャトー・コス・デストゥーネルのオーナーが、シャトーのすぐそばにホテル/レストランをオープンさせました。

昨年は行けなかったので、ずっと気になっていたお店です。

冬の間は閉まっているので、確認してからの訪問をお勧めします。

 

写真+コメント

元々はワイナリーだったこともあり、ボルドーらしいシャトーで食事ができます。

入り口、めっちゃわかりにくいですが、正面玄関に足ふきマットがあるので、その扉が入り口です。

店内もおしゃれ。

ホテルに宿泊したら、サロンでのんびりもできるそう。

私たちの席はこんな感じ。

店内はこんな感じ。

お通しにカシューナッツとオリーブが出てきました。

オリーブ、今まで見た中で一番大きい!

そして浅漬けだったので、オリーブ本来の香りと味がとてもよかった。

 

食事中にはワインを1杯。

はぁ、外で食事って幸せだなぁとかみしめる時間。

 

そしてmise en bouche(つきだし)はなんとマグロ。

マグロのタルタルにトリュフがどっさり。

ごま油と醤油が良いアクセントに。

これがお通しってすごくない?

 

パンもおいしかった!

 

前菜はアスパラのリゾットを。

旦那がアスパラ苦手で、家では一切食べません。

なのにホワイトアスパラのシーズンを逃してしまい…。

今年初めてのアスパラ!

 

メインは、鯛を。

付け合わせは豆。

フランス人ってなんでこんな豆好きなん?ほんまに謎。

そしてアーティチョークも。

 

友人は鴨を頼んでました。

鴨の甘味が存分に発揮されてて、おいしかった。

 

そして食後のコーヒー。

 

コス・デストゥーネルのシンボルでもある象がお庭にいたので写真撮らせてもらいました。

もう少し暖かくなれば、お庭で食事もできるらしい!

夏に来たら絶対楽しい。

後に聞いて知ったのですが、食材は基本的に地元のものだけを使っているそうです。

野菜などは敷地内に菜園を持っていて、そこで栽培しているらしい。

 

レストラン情報

店名:La Maison d’Estournel

住所:Route de Poumeys «Leyssac», 33180 Saint-Estèphe

電話:+33 5 56 59 30 25

営業時間:定休日なし

月曜日 12:00-14:00, 19:00-21:30
火曜日 12:00-14:00, 19:00-21:30
水曜日 12:00-14:00, 19:00-21:30
木曜日 12:00-14:00, 19:00-21:30
金曜日 12:00-14:00, 19:00-21:30
土曜日 12:00-14:00, 19:00-21:30
日曜日 12:00-14:00, 19:00-21:30

 

行き方

車でしか行けません。

ワイナリー巡りの間にお勧めのレストラン。

 

予約方法

電話での予約、メールでの予約が可能です。

直接言っても開いているとは思いますが、貸し切りにしている時もあるそうなので、事前に予約することをお勧めします。

何せ、サンテステフにほとんどレストランがない。笑


その他いろいろやってます
以前行っていたレストランブログ
ワインブログ
インスタ:ワイナリー見学
インスタ:レストラン
インスタ:ワインテイスティング
ホームページ:ワイナリー通訳同行

コメント

タイトルとURLをコピーしました