小さな村の一つ星レストラン、Relais & Châteaux – Le Vieux Logis – Dordogne | フランス/ボルドー・コニャックレストランブログ

小さな村の一つ星レストラン、Relais & Châteaux – Le Vieux Logis – Dordogne

その他地域

ドルドーニュ旅行に行ってきました!

今回の目的は、みんなでおいしいものを食べよう。笑

ということで良いホテルに宿泊し、ホテル内の1つ星レストランで食事しました。

今回ご紹介するのは、Relais & Châteaux – Le Vieux Logis – Dordogneです。

 

 

写真+コメント

ホテルは大きく4棟か5棟に分かれていて、部屋にいると他の宿泊客の声が聞こえないのが良い。

小さな村のホテルなので、もう少し広い部屋を想像してたけど、値段通りの大きさでした。

 

そしてレストラン。

昼間、まだオープン前の雰囲気はこんな感じ。

気分上がるよね?

私は上がった!

 

テラスで飲めると聞いたので、真昼間から飲み始める私たち。笑

いつものことですね。

チョコレートケーキをサービスで頂きました♡

 

そして食事時。

まずはシャンパーニュから🥂

最近シャンパーニュ好きを公言しだして、飲める機会が増えてきました。

好きなものを好きだと言っていきたい。

 

まずはお通し。

敷地内の小川で採れた白身魚のフリットと

カリフラワーのムース

そして鴨のコロッケ。

3皿出てきました。

最初の一皿からテンションが上がる!

はぁ、来てよかったなぁって幸せな気分に。

 

お店の人オススメで、さらに1皿追加注文。笑

こちらも近くの川で採れた白身魚のフリット。

揚げ方がフランス人が本当に揚げた?って聞きたくなるくらい素晴らしい!

外はカリカリ、中の魚はふわっふわ。

枝豆とビールが欲しくなる日本人の哀しい性。笑

 

そしてここからがコース料理です。

6皿130€のものを。

いくつかコース料理があったのですが、メインに惹かれてこちらにしました。

 

まずは前菜。

夏の白トリュフ!

お皿が運ばれてくる時から、トリュフの香りがすごい!

ドルドーニュ産のトリュフ、ドルドーニュ産の黒豚ハム、そしてドルドーニュ産のアスパラです。

この日はめっちゃ暑くて、冷製スープがありがたい。

 

そして2皿目の前菜、フォアグラ!

ドルドーニュと言えばフォアグラよね。

このブログでも何度か書いてるけど、私はフォアグラが苦手。

食べられへんって訳ではないけど苦手。

コース注文するときに伝えたら、「ドルドーニュに来てフォアグラが苦手って何を食べに来たの?」と冗談で返されました。笑

ということで、フォアグラに変わる前菜はこちら。

フェンネルとリンゴが良いアクセントになっている、パイクパーチのテリーヌ。

パイクパーチって何やねん、って感じやけどスズキ科のお魚です。

ドルドーニュは肉も魚も豊富でいい地域!

 

そしてドルドーニュのザリガニ。

わざわざドルドーニュって書いてるけど、ここで使われている食材は基本的に地元食材です。

ザリガニって日本ではあんまり食べへんよね。

見た目以上に甲殻類!濃厚!

ソースが最高においしかった。

 

そして、メインは…鳩!

誰にも理解してもらわれへんけど、死ぬ前に食べたいものは鳩。

この世で一番鳩が好き。

年に何度かしか食べられないレア感も良い。

身も柔らかいし、ソースもおいしいし、はぁ、頼んでよかった。

 

そしてチーズ。

クレームブリュレみたいじゃない?

チーズって言われた時、疑ったもんね。

一番下がシェーブルで、上のアイスはPiment d’esprette(ピマン・デスペレット)。

バスク地方の、いわゆる一味。

どうやったらこの組み合わせをしてみようと思ったのか、シェフの脳内を覗いてみたい。

え?って思ったけど、めっちゃいい組み合わせ!

新たな発見。

 

そしてお口直しのアイス。

さっきアイス食べたやんってね。

今度は一転クリーミーでおいしい。

 

そしてついにデザート!

イチゴまみれのデザートです。

真ん中の白い筒はムラングで、中にはイチゴとヨーグルトのムースが入ってた。

 

最後はこれ。

甘いよねー。笑

良いレストランに行くと、最後のデザートで力尽きてしまう。笑

前菜1皿多くして、デザートを1皿減らして欲しいというのが正直なところ。

でもこれがフレンチやもんね。

 

食事の後は少しだけ庭を散歩して部屋に戻りました。

夜の真っ暗な中照らされるレストランも美しかった。

 

幸せな夜でした。

とっても幸せだった。

途中でブランケットを持ってきてくれたから、昼夜の温度差も問題なく外で食べられた。

ここはまた行きたいお店の一つになりました!

 

レストラン情報

店名:Relais & Châteaux – Le Vieux Logis – Dordogne

住所:centre-ville, 24510 Trémolat

電話:+33 5 53 22 80 06

営業時間:

月曜日 12:00 – 13:30, 19:30 – 21:00
火曜日 12:00 – 13:30, 19:30 – 21:00
水曜日 12:00 – 13:30, 19:30 – 21:00
木曜日 12:00 – 13:30, 19:30 – 21:00
金曜日 12:00 – 13:30, 19:30 – 21:00
土曜日 12:00 – 13:30, 19:30 – 21:00
日曜日 12:00 – 13:30, 19:30 – 21:00

 

行き方

うーん、車でしか行かれへんと思う。

人口6000人の小さな村にあるホテルレストランです。

 

予約方法

私は電話で予約しました。

ホテルの部屋を予約すると、自動的にレストランも予約されるシステムです。

私たちの行ったガストロノミーレストランと、もう一つビストロもあるみたいなので、予約の際確認をお勧めします。


その他いろいろやってます
以前行っていたレストランブログ
ワインブログ
インスタ:ワイナリー見学
インスタ:レストラン
インスタ:ワインテイスティング
ホームページ:ワイナリー通訳同行

コメント

  1. […] 前日夜ディナーはこちらからどうぞ。 […]

タイトルとURLをコピーしました